CoWorkers BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 業界ニュース
  4. コロナ禍での利用希望者急増を受け、新規に3店開設!

コロナ禍での利用希望者急増を受け、新規に3店開設!

こんにちは!CoWorkersの児玉です!本日は東京にオープンしたコワーキングスペースについてご紹介させて頂きます。

コロナ禍の中様々な業界が変革を迫られております。飲食店はその最たる業界で、店を畳む、もしくは売却した方も少なくないと思います。そんな中ただ座して死を待つわけにもいかないということで、飲食店特有のアイドルタイム、空きスペースを活用する企業が生まれました。

株式会社アイビーリンクスは、「働き方改革」や「テレワーク」、「地域コミュニティの活性化」に対応した、新しいコンセプトのシェアスペース事業「ivyCafe NEIGHBOR&WORK」を、東京都北区王子、東京都世田谷区喜多見、東京都江東区大島の3か所で新規に開設します。地域の一軒家や飲食店のアイドルタイムを活用することにより、低料金で1日利用できるシェアオフィス兼コワーキングスペースとして、2018年1月より東京都荒川区町屋で1号店の運営を開始。現在、東京都府中市宮町、神奈川県川崎市高津区溝口を含め3店舗を運営しています。本年2月以降、コロナ禍での会員登録・利用希望者の急増を受け、今般、新規に3店舗を開設します。

■3店開設の背景

「コロナ禍でテレワークを制度化する企業や副業を認める企業の急増」

コロナ禍における在宅勤務(テレワーク・リモートワーク)の必要に迫られる企業や副業を認める企業が急増する反面、多くの従業員は「自宅では仕事に集中できない」という悩みを抱えています。特に、新型コロナの影響を受け始めた2月以降は利用希望者が急増しており、新たな地域のワークスペースとしての役割を担うことを目指し、新規に3店舗を開設するそうです。

「飲食店の新たな安定した収益源の提供」

飲食業は、開業費用が高いことに加え、人件費の高騰や人手不足、流行等の市況の変化により、収益の安定化や営業の継続が難しいと言われていますが、新型コロナの影響を受け、より一層、経営が厳しい状況が続いています。本事業により、開店前の日中の時間を活用することで、飲食店に新たな収益源を提供し、経営の安定化に貢献することを目指すようです。

■初期投資、運営コスト、手間、リスクを最大限排除した新しいスキーム

飲食店アイドルタイム活用事業では、飲食店等の現状の体制を変更することなく、店舗のアイドルタイムのみ会員が利用できるシェア&コワーキング事業を運営することとし、費用と手間とリスクを最大限排除したスキームを実現しています。

1.厨房を使わず店舗の不稼働時間を収入に変えることができます。

厨房(キッチン)などは使用せず、新たな人員増や仕入れ等のコスト増はありません。

2.賃貸借契約上の転貸禁止や利用目的等に抵触しません。

ビルオーナーとの賃貸借契約による転貸禁止や利用目的の制限に抵触しません。

3.店舗の認知度が向上します。

ぐるナビやホットペッパー等の飲食店向けの広告以外の新しい露出機会が増えます。

広告出稿や運用は当社が実施し、広告のための追加コストの支払いはありません。

4.あたらしい顧客からの利用が増えます。

会員や、貸切利用者から通常営業の顧客に発展します。

5.初期投資は「0円」でスタートできます。

現状の店舗をそのまま利用しますので、特別なコストはかかりません。

時代に合わせた新たな仕事場が次々と生まれるのはワクワクしますね!

■「ivyCraft&Shop」(アイビークラフト&ショップ)サービス概要

URL:https://ivycraft.shop/

出典 @Press

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

CoWorkers初回無料相談