CoWorkers BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 業界ニュース
  4. コワーキングスペース×塾経営

コワーキングスペース×塾経営

CoWorkersの児玉です!

本日はコワーキングスペースを活用した塾経営成功例を本日はご紹介させて頂きたいと思います。

僕がコワーキングスペースを経営していた岐阜県、岐阜市はとても教育熱心な地域でした。

具体的には岐阜駅を降りたすぐのメインストリート街に立ち並ぶ商業施設の約半分は塾であるといっても過言ではないくらいです。

このような大手の競合がひしめく中で、僕は個人で経営する学習塾などとても対抗できないだろうと思っておりました。

また参入する市場も既に埋まっているのではないかと。

コワーキングスペースで塾として開業されたお客様を見て当初は正直難しいのではないかと思っておりました。

しかし実際はコワーキングスペース×塾というのはとても相性が良く、あっという間に事業を軌道に乗せられたのです。

この理由は一体なぜでしょうか?

まず学生(受験生)のニーズとして大きいものが自習室です。

昨今はコロナウイルスの影響もあり、自習環境の確保が非常に難しくなっております。

図書館は閉館し、大手予備校の自習室は規制され、ファミレスやカフェは席数に制限をかけられたこともあり満席です。

一方で塾を経営するとなると個別指導の場所に加えてこの自習環境も提供する必要があります。

そのため基本的にはワンフロアで借り上げる必要が出てくるのですが、するとどんなに田舎だとしても10万円以上の固定費がかかります。

しかも学生の利用時間は平日の夕方以降と土日祝日のみにも関わらず、個人で場所を確保する場合長期のアイドルタイムが発生してしまいます。

これに加えて塾店舗のオープン、クローズ、清掃を行うとなれば経済的負担だけでなくオーナーは時間的負担、体力的な負担も増えてしまいます。

そんな悩みを一挙に解消できる環境こそコワーキングスペースなのです。

まずコワーキングスペースは生徒の人数に対する従量課金制であると言えます。

そのため経営側としては生徒の人数に応じて経費(コワーキングスペースの賃料)が発生するため、売上に経費が対応してくれることになります。

これは経営側としては非常にありがたいことです。

3月、4月など生徒の入れ替わりが激しい季節は売上の予測を立てることがどうしても困難になりますし、賃貸しているスペースを生徒の人数が上回りキャパを超えてしまうかもしれません。

その点コワーキングスペースは基本的にフリーアドレス制(固有の席が設けられているわけではない)ため、生徒の出入りや人数に対して比較的柔軟に対応できます。

その点コワーキングスペースは基本的にフリーアドレス制(固有の席が設けられているわけではない)ため、生徒の出入りや人数に対して比較的柔軟に対応できます。

コワーキングスペースの可能性は他業界とのコラボとしても広がっていきますね。

本日はコワーキングスペースを活用した塾経営成功例を本日はご紹介させて頂きたいと思います。

僕がコワーキングスペースを経営していた岐阜県、岐阜市はとても教育熱心な地域でした。

具体的には岐阜駅を降りたすぐのメインストリート街に立ち並ぶ商業施設の約半分は塾であるといっても過言ではないくらいです。

このような大手の競合がひしめく中で、僕は個人で経営する学習塾などとても対抗できないだろうと思っておりました。

また参入する市場も既に埋まっているのではないかと。

コワーキングスペースで塾として開業されたお客様を見て当初は正直難しいのではないかと思っておりました。

しかし実際はコワーキングスペース×塾というのはとても相性が良く、あっという間に事業を軌道に乗せられたのです。

この理由は一体なぜでしょうか?

まず学生(受験生)のニーズとして大きいものが自習室です。

昨今はコロナウイルスの影響もあり、自習環境の確保が非常に難しくなっております。

図書館は閉館し、大手予備校の自習室は規制され、ファミレスやカフェは席数に制限をかけられたこともあり満席です。

一方で塾を経営するとなると個別指導の場所に加えてこの自習環境も提供する必要があります。

そのため基本的にはワンフロアで借り上げる必要が出てくるのですが、するとどんなに田舎だとしても10万円以上の固定費がかかります。

しかも学生の利用時間は平日の夕方以降と土日祝日のみにも関わらず、個人で場所を確保する場合長期のアイドルタイムが発生してしまいます。

これに加えて塾店舗のオープン、クローズ、清掃を行うとなれば経済的負担だけでなくオーナーは時間的負担、体力的な負担も増えてしまいます。

そんな悩みを一挙に解消できる環境こそコワーキングスペースなのです。

まずコワーキングスペースは生徒の人数に対する従量課金制であると言えます。

そのため経営側としては生徒の人数に応じて経費(コワーキングスペースの賃料)が発生するため、売上に経費が対応してくれることになります。

これは経営側としては非常にありがたいことです。

3月、4月など生徒の入れ替わりが激しい季節は売上の予測を立てることがどうしても困難になりますし、賃貸しているスペースを生徒の人数が上回りキャパを超えてしまうかもしれません。

その点コワーキングスペースは基本的にフリーアドレス制(固有の席が設けられているわけではない)ため、生徒の出入りや人数に対して比較的柔軟に対応できます。

その点コワーキングスペースは基本的にフリーアドレス制(固有の席が設けられているわけではない)ため、生徒の出入りや人数に対して比較的柔軟に対応できます。

コワーキングスペースの可能性は他業界とのコラボとしても広がっていきますね。

【ゼロからのコワーキングスペース運営ならCoWorkes】

【既存店舗にプラスワンの収益モデルを!!CoWorkes+Plus】

私共CoWorkersサポートチームでは日々、コワーキングスペース事業者やそれを目指す方々に有益な情報をお伝えできるよう日々研鑽しております。少しでも応援したい!役に立ったと思っていただけた方は以下のSNSなどに「いいね」「フォロー」「シェア」していただけたら嬉しいです!↓↓

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

CoWorkers初回無料相談