CoWorkers BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 業界ニュース
  4. 敷金について

敷金について

コワーキングスペースを利用者側として活用する大きなメリットのひとつが敷金が不要であるという点です。

しかし事業主としてオフィスビルを賃貸してコワーキングスペースを始める場合などは必ず敷金が必要になります。

そもそも敷金とは一体なんでしょうか?

日本弁護士連合会が定義している敷金は以下のようなものです

敷金とは 、その名目の如何を問わず、不動産を目的とする賃貸借契約に関し、賃 借人の賃貸人に対する賃料債務その他一切の賃貸借契約による債務を担保する目 的で、賃借人から賃貸人に交付される金銭であって、賃貸借契約の終了する際に 、賃貸人から賃借人に利息を付すことなく返還されるべきものをいう。

また法改正後の見解ではこのようになっています。

改正民法第622条の2において、敷金を「いかなる名目によるかを問わず、賃料債務その他の賃貸借に基づいて生ずる賃借人の賃貸人に対する金銭の給付を目的とする債務を担保する目的で、賃借人が賃貸人に交付する金銭」と定義した。

以下に参考となるリンクを載せておきます。


敷金はあくまでも、「担保」を目的としており預り金です。敷金の償却率や返還の有無などは毎年かなり問題になっているので、事前にしっかりと契約書で取り決めをしておく必要がありますね。

【ゼロからのコワーキングスペース運営ならCoWorkes】

【既存店舗にプラスワンの収益モデルを!!CoWorkes+Plus】

私共CoWorkersサポートチームでは日々、コワーキングスペース事業者やそれを目指す方々に有益な情報をお伝えできるよう日々研鑽しております。少しでも応援したい!役に立ったと思っていただけた方は以下のSNSなどに「いいね」「フォロー」「シェア」していただけたら嬉しいです!↓↓

ご質問・ご相談などありましたら
お気軽にお問い合わせください

【フリーネームFC】
加盟金・保証金0円で導入可能な仕組みでゼロからのスタートに最適。実績あるノウハウや運営システムを提供されながらも、オリジナルのブランドで運営できる自由度の高い契約形態。

【新しい不動産活用】
新時代の不動産活用方法として注目を浴びているコワーキングスペース。「無人運営」「売上保証・運営受託システム」などを活用して保有不動産を収益化が可能。不動産オーナー向けのサービスです。

【新規出店サポート】
新規での出店計画に必要な「店舗レイアウト図」「市場調査」「収益モデル」をまとめて作成できるサービスです。計画を可視化し具体化することでよりスムーズな出店を計画するのに役立ちます。

私共CoWorkersサポートチームでは日々、コワーキングスペース事業者やそれを目指す方々に有益な情報をお伝えできるよう日々研鑽しております。少しでも応援したい!役に立ったと思っていただけた方は以下のSNSなどに「いいね」「フォロー」「シェア」していただけたら嬉しいです!↓↓

関連記事