CoWorkers BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 業界ニュース
  4. コワーキングスペース経営においてもっと早く実行すれば良かったこと

コワーキングスペース経営においてもっと早く実行すれば良かったこと

こんにちは!CoWorkers開発部の児玉です!

本日は前回に引き続きコワーキングスペース経営においてもっと早く実践すればよかったことをお伝えしたいと思います。

その中でも本日のテーマは「会員費の決済方法」についてです。

コワーキングスペース運営においては主な売上はこの会員費用からなるものかと思います。

この会員費の決済には以下のような様々な方法があります。

・店舗受付での直接的な徴収

・銀行での振込

・銀行口座での口座振替

・クレジットカード決済

・PAYPAYや交通系カードでのキャッシュレス決済

それぞれの方法に特長がありますが、僕が店舗を運営している時に主に利用していたのは

「クレジットカード決済」です。

なぜクレジットカード決済に特化するという方法を選んだかというと、圧倒的に効率化しやすいという理由からです。

特に僕の店舗は無人でも運営できるようにしていた関係で、受付に人がいないと利用できないような方法は論外です。今の御時世、受付で現金を扱うということ自体リスクもありますしね。また、毎月通帳で入金を確認しなければ行けないことや、請求などを都度しなければいけないというのもやはり手間もかかりますし、人的ミスの原因にもなりますので、あまり効率的ではないと判断しました。

口座振替については、最初だけ手続きしておけば後は楽なので、問題ないかと思っていました。

しかししばらく運営していくうちに、会員登録から口座振替の銀行の手続きなどに時間がかかりクレジットカードと比べて入金までのスケジュールが1ヶ月から2ヶ月ほど遅れてしまうという部分や、印鑑相違や残高不足などで決済が行えないようなことが多々ありました。

トラブルがあった場合にさらに銀行を通じて手続きしなければいけないという手間があり、やはりこの方法は非効率だと感じ、辞めました。

最終的には、オンライン上での登録から決済まで自動化ができ、決済に関しても即時することが可能なクレジットカード決済に特化することとしました。

売上管理も楽ですし、決済から入金までの時間も早く、人手が必要ありません。

更に言うなら、クレジットカード決済で毎月自動的に決済されるようにしたほうが会員の継続率も高くなりやすいです。

都度請求して支払いしてもらうと利用しなくなったらすぐ辞めてしまうパターンも多いですが、自動化することでたまに使う程度の方でもそのまま継続してくれるのこともありますから、その辺りもやはり最近でいう「サブスクリプションモデル」での収益化は便利なものです。

あと、決済関係で労力かかるのはやはり、「未払い」が発生してしまい、滞納となってしまったお客様への対応です。お店側からもお客様側からも負担がかかるもので、精神的にお肉体的にも良いことないですよね。店舗で何度も請求することになったら関係性も悪くなりますし。

上記の観点から、僕のオススメはクレジットカードでの決済方法です。

もちろん、弊社のお客様の中には大手企業含む法人などクレジットカードではなく請求書払いなどで対応している場合もあります。信用力や会社規模によって判断は柔軟にすれば宜しいかと思いますが、特に法人よりも個人の顧客が多い場合はなるべく効率的にすすめておくと会員数が増えた後でも労力がかからずにおすすめです。

あ、ちなみにクレジットカード会社と提携しておすすめしているわけではないので、対応させるカードのブランドなどは好きに選んでくださいね。

もちろん、僕らの運営している「CoWorkers」は導入いただければ数日のうちにクレジットカード決済対応の登録ページが利用できるサービスも提供しておりますので、ご興味あればお声がけいただければ嬉しいです。

私共CoWorkersサポートチームでは日々、コワーキングスペース事業者やそれを目指す方々に有益な情報をお伝えできるよう日々研鑽しております。少しでも応援したい!役に立ったと思っていただけた方は以下のSNSなどに「いいね」「フォロー」「シェア」していただけたら嬉しいです!

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

CoWorkers初回無料相談