CoWorkers BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. IT知識
  4. GPUとCPUの違い

GPUとCPUの違い

皆さんはCPUとGPUの違いを理解していますでしょうか?

CPUとは(Central Processing Unit)の略で、コンピューター全体の計算処理を担い、HDDやメモリ、OS、プログラム、キーボード、マウスなどを含むコンピューター全体から送られている情報をまとめて処理する司令官にあたります。

パソコンやスマートフォンの仕様表に記載されたCPUの情報に、デュアルコア(コア数:2)・クアッドコア(コア数:4)・オクタコア(コア数:8)などの表記があるのを見かけたこともあるでしょう。CPUではそれらが並列的に計算処理を行うわけです。コア数が2個(デュアルコア)より、4個(クアッドコア)、8個(オクタコア)の方が性能は高いことになります。

一方でGPUとは「Graphics Processing Unit」の略で、3Dグラフィックスなどの画像描写を行う際に必要となる計算処理を行う半導体チップ(プロセッサ)のことです。

図学処理装置(ずがくしょりそうち)は、コンピュータゲームに代表されるリアルタイム画像処理に特化した演算装置あるいはプロセッサで、グラフィックコントローラなどと呼ばれます。

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

CoWorkers初回無料相談